良い建築会社の選び方

良い建築会社とは?

イメージ01

設計事務所、ハウスメーカー、工務店、設計・施工事務所・・・一口に建築会社とは言っても、様々な形態の会社があります。

 

設計事務所

設計と施工が別なので、総合的に見るとどうしても割高になってしまいます。しかし、こだわりの家をつくりたい方には適しています。

 

ハウスメーカー

宣伝費や営業費をかけている分、建築費は高めに設定されています。大手指向の方にはお勧めです。

 

工務店

企業努力によってコストダウンに取り組んだり、オリジナルの工法などをつくったりしている工務店は、高品質と低価格とを両立していると言えます。しかし、全ての工務店が同じ様に努力しているわけではありません。一般的には、衰退している工務店の方が圧倒的に多いのが現実です。また、意匠(デザイン)面に関しては、設計事務所などの方が優れているケースがあると言えます。

 

設計・施工事務所

設計事務所と工務店の役割を併せもっている、設計・施工事務所。設計事務所のもつ設計の機能と工務店のもつ施工力を備えている建築会社です。中には企業努力でコストダウンを行っている会社もあります。そのような会社は、「価格」と「価値」とがマッチングしている優良な建築会社だと言えます。

優良な建築会社の基準

イメージ02

一体どの様な基準で選べば、優良な建築会社を見つけることができるのでしょうか。具体的な基準を以下にてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

お客様の声を大事にしている会社かどうか。

豊富な建築実績と専門性

建築実績を確認すれば、その会社がどのような住宅をつくってきたのかが分かります。ここで注目すべきは「その会社が得意とする工法、つまり専門性があるかどうか」という点です。どのような工法でも満遍なく用いるというのは、「得意分野がはっきりしない」とも言えます。誰しも、自分が望む工法を得意としている会社に依頼したいものです。専門性のある会社は、仕事の流れもスムーズです。また、コストに関しても比較的優位性が高いと言えます。

施工力

現場の進行がスムーズである、工程表通りに施工が進む、現場マナーがしっかりと整っている、現場は生理整頓されている、積極的に現場の構造見学会などを開催しているといった会社は、比較的施工力が優れていると言えます。また第三者による検査体制や自社検査システムなどが設けられている会社は施工品質にも敏感ですので、その辺りも大事な確認ポイントとなります。

適正価格

提供している住宅と価格のバランスが整っていることも、大事な基準の1つです。一般的に旧体質で見積書を作成する場合、職人さんが算出した価格に会社の経費をのせて積算します。しかし職人さんが算出する金額に基準がない場合、職人さん次第で住宅価格が変わってしまうのです。もちろん、これは正しい価格設定ではありません。

 

適正価格は各会社により見解が異なりますが、「品質と価格のバランスがとれているかどうか」ということは大事な基準と言えます。

設計力・提案力

プロの目線でお客様にアドバイスができる。また、様々なケースを想定して、常にお客様に不安のないように誘導できる、これが優良な建築会社の特徴です。「この方が使いやすいのではないか」「住宅の構造上、このようなレイアウトの方が間取りを広くとれる」など、お客様のことを第一に考えたアドバイスができる建築会社を選びましょう。リスクに関する事前説明の有無も重要です。分かりやすく丁寧に説明してくれること。家を建てる側は、あくまでもプロの提案を求めています。

 

プロならではの設計、そして家事動線や収納など、女性の立場を意識した提案もとても大事な要素です。そうしたことのひとつひとつを丁寧にアドバイスしてくれること、そんな提案をしてくれる業者を選ぶべきだと言えます。

保証・アフターサービス

建物の10年保障を実施している会社を選びましょう。むしろこの10年保障は、当たり前の基準として考えるようにしてください。第三者機関が建物を検査し保障が付けられますので、そうした意味では大事な基準となります。

 

その他にも、自社のアフターサービス制度が整っている会社や、以前に施工したOB顧客のフォローがしっかりしている会社など、施工終了後も顧客との繋がりを大事にしている会社は、一生つき合っていけるパートナーと言えます。

 

またアフターサービスに関して重要なことは、「お客様と建築会社の距離」だと言えます。ここで言う「距離感」とは、「実際の距離」「お客様との繋がりを大事にする関係」の2つを意味します。例えば何らかのトラブルに見舞われた時に建築会社に連絡したとしても、スタッフがあなたのご自宅に到着するまでに何時間もかかったとしたなら、「迅速なアフターサービス」ができるとは言えないのではないでしょうか。アフターサービスを迅速に受けるためには、最低でも車で1時間位の範囲にある建築会社が良いでしょう。何故なら家を建てた建築会社とは、これから一生のお付き合いが始まるのですから。

その他

その他にも様々な基準がありますが、要所をかいつまんで以下にお伝えします。

 

  • 会社の理念がしっかりしている(会社の姿勢・経営者の考え方を知る)
  • 各種業務書類が整っている(打合せシートや、追加変更対応書類など)
  • 過去物件の作業が工程表通りに進められている(多少の天候による変動は止むを得ないとする)
  • 中間検査や完了検査を自社、第三者の両方で実施している。

 

上記に挙げている項目をしっかりと満たしている建築会社は、価格面・品質面も含め、総合的なパフォーマンスは高いと言えます。優良会社を見分けるコツをさらに詳しく知りたい方は、ビーテック住宅情報センターの住宅勉強会でご紹介しておりますので、どうぞご参加ください。

 

詳しくは、こちら

新築一戸建て住宅や建て替えに関するご質問はこちら