よくある質問

よくある質問

こちらのページでは、ビーテック住宅情報センターの主催する住宅勉強会や現場見学会などで、多く寄せられる質問をご紹介します。

Q 建て替えか全面リフォームか、どちらがいいのかを考えています。耐震面なども含めて、どちらがいいのかを教えてください。

 

まずは予算から考えます。全面リフォームでは1,000万円も2,000万円もかかる場合があるのですから。その上で、両方の図面を作成してもらいましょう。これにより、実際に確保できる広さを把握することができます。また、リフォームでは、しっかりとした強度をできる限り確保するという観点から、柱の位置移動などの空間を変える可変性にもある程度の限界があります。

 

「建て替えをすると狭くなってしまうから・・・」という意見をよく耳にしますが、実際には既存の2階建てをリフォームするよりも、3階建てに建て替えた方がより広い空間を確保できる場合も多いのです。しかし様々な理由から、3階建てに建て替えるよりもリフォームして2階建ての方が良い、といった場合もあります。その際には耐震性をどう確保するのかを検討してください。

 

何故ならば、耐震補強をしたとしても基礎や構造体が古いものである以上、現在の新築住宅の強度にはどうしても劣ってしまうからです。また、リフォームの場合は、基礎の補強には相当なコストがかかってしまいます。さらには、地盤の補強にも限界があります。

 

「建て替えか全面リフォームかのどちらにすべきか」ということの詳細に関しましては、住宅勉強会などでも話題にしております。ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

詳しくは、こちらから

Q 建築コストを抑えて建てたいのですが、どの様な会社に依頼するべきでしょうか?

 

建築会社には、ハウスメーカー、設計事務所、工務店、設計・施工事務所などの区分があります。

 

ハウスメーカーや設計事務所

他の建築会社よりも比較的割高であると言えますが、ハウスメーカーにはブランド力がありますし、設計事務所なら「こだわりの家」を建てることができます。ハウスメーカーの中でもTホームやAホームなどのローコストメーカーもありますが、東京などの建築条件が悪いところは、広告宣伝そのままの価格で家を建てることは難しいと言えます。

 

工務店

施工力に優れていて、地元密着で営業しているのが工務店ですが、企業努力を行っている工務店は、積極的にコストダウンに取り組んでいるところもあります。

 

設計・施工事務所

設計事務所のデザイン力と工務店の施工力の両方を兼ね備えた設計・施工事務所は、総合的に見て優位性が高いと言えます。というのも設計・施工事務所の多くが、時代のニーズに合わせて積極的にコストダウンを図っているからです。また、自社で行っているので、コストダウンを図っているところもあります。

 

ポイントは、あくまで企業努力により積極的にコストダウンを図っているかどうかです。企業努力を重ねている建築会社を選びましょう。

 

当サイトを運営している株式会社ビーテックは、ローコスト耐震デザイン住宅を提供している設計・施工事務所です。

 

詳しくは、こちらから

Q 建て替えたいのだけれど、何からはじめればいいのか分かりません・・・。

 

このような質問はよくいただきます。建て替えをする際には、予算の把握→敷地の調査→プラン作成の順に行っていきましょう。この順序を逆にしてしまうと理想のみが先行してしまい、見積もりが出た時には予算を大幅にオーバーしているなんてことも・・・。そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、そのような可能性を秘めているのが家づくりなのです。

 

身の丈に合った家づくりを行うことが大事なのです。住宅ローンの返済に圧迫され週末のお出かけすらもできなくなってしまうようでは、元も子もありません。家を建て替える際には、もちろん家具・家電も購入されるでしょうし、時には以前よりも光熱費が多く必要になる場合だってあるのです。様々な出費があることを、忘れないでください。

 

そうしたアドバイスをしっかり行ってくれる建築業者と、家づくり計画を進めていきましょう。

 

ビーテック住宅情報センターでは、失敗しない家づくり計画を支援するために「家づくりを考える前に知らないと絶対に損する重要な7つのポイント」という小冊子を配布しております。

 

詳しくは、こちらから

Q どのようにして大幅なコストダウンを可能にしたのですか?

 

無駄を省いた設計基準をつくり上げることで、材料費や建築費などの建築にかかる全ての費用を徹底的に見直すことができたからです。また企業努力により、職人単価のバラツキをなくすことや工程管理の見直しに成功しました。徹底した業務管理が無駄を省いたと言えるでしょう。そして、建築商材の流通経路の見直しを行うことで、商品面に関するコストダウンも行いました。

Q どうすれば地震に強い家を建てることができますか?

 

まずは地震により建物が倒れる原因を知りましょう。建物が地震の際に倒れる原理を知ることで、どの様な配慮が必要なのかが分かります。次に、地震の際に生じる縦揺れと横揺れの理解と、壁の配置バランスや屋根の軽量化などを考慮しなければならない理由を理解しましょう。

 

私ども株式会社ビーテックの主催する建物構造見学会へご参加いただければ、家が倒れる理由と地震に強い家を建てるためにはどうすれば良いのかが分かります。またこのことは、住宅勉強会でも具体的に取り上げております。ぜひご参加ください。

 

当サイトを監修する株式会社ビーテックでは、建築構造見学会で「家の倒れる理由・倒れない家とは」というご質問にお答えしております。

 

耐震性に優れた住宅をご希望の方は、ぜひご参加ください

新築一戸建てに関してのご相談はこちらから電話番号:03-3745-6047

新築一戸建て住宅や建て替えに関するご質問はこちら